モッピーのマル秘お得なポイント交換方法まとめ~モッピールートJALマイルの貯め方

速報

ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

2018年11月30日まで!!

1.8%還元&250円プレゼント&500円OFF&送料無料で注文できる?!おまけに1,000円OFFクーポンと10%OFFクーポンも貰える!
今ハピタス経由でセシールオンラインショップを利用したことが無い人が初めて利用すると、購入金額の1.8%還元+250円分のハピタスポイントが貰える他、新規注文時に限り送料無料&500円OFFが適用でき、さらにはログイン後セシールの公式LINEを友達追加するだけで1,000円OFFクーポン、ID連携するだけで10%OFFクーポンをプレゼント中!
最大90%OFFなどお得なセール商品も取り扱っており、まだセシールオンラインショップでお買い物をした事が無い方は、超お得にショッピングが楽しめるチャンスですので、この機会にぜひハピタス経由でセシールオンラインショップでお買い物してみてください!
まずはハピタスに無料会員登録してログインしたら「セシール」で検索してみてください。
入会費や年会費等一切お金はかからないので、お気軽にアカウント登録してちょっぴりお得生活始めちゃってくださいね!

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
[冬の特大キャンペーン開催中!]
12月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後2018年1月31日までに5,000P以上ポイント獲得で漏れなく1,000円!POINT WALLET VISA PREPAIDを2018年12月31日までに新規申込みをし、2018年1月31日までに1,000円以上チャージすると追加で300円!ぜひこの機会をお見逃しなく!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも12月31日まで同様に漏れなく1,100円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,400円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この秋の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後チュートリアル完了だけで100円!2018年1月31日までに5,000コイン以上ゲットで1,000円!!モッピーと併せてぜひゲットしてくださいね!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。
モッピーのマル秘お得なポイント交換方法まとめ~モッピールートJALマイルの貯め方
 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

このページでは、【モッピールート】【ソラチカルート】といったモッピーの超お得な裏ワザ・ポイント交換方法を重点的に詳しくご説明しつつ、ドットマネー経由で銀行振込手数料を無料にする手法のご紹介や、他にもモッピーのポイント交換全般についての情報をまとめています。

 

モッピーのお得なポイント交換先の情報、ポイント交換についての基本的な情報などをお探しの方は、ぜひこのページを参照してみてくださいね。

 

目次

 

全ての陸マイラー登録必須!!モッピーはマイルを貯めるのに最も有利なポイントサイト

 

モッピーはマイルを貯める上で最も有利なポイントサイトです。

それには以下の2つの理由があります。

 

  1. JALマイルを80%のレートで交換できるモッピールートの存在
  2. LINEポイントへの交換がポイントタウンに次いで便利でANAマイルを貯めるのにも非常に重宝する

 

ANAマイルを貯められるソラチカルート(新ソラチカルート/LINEルート)だけを考えるならば、現状ポイントタウンが最も便利ですが、JALマイルまでここまでの高レートで貯められる方法が存在するのはモッピーだけで、総合してマイルの貯め方において最も便利で有利なサイトであるのはダントツでモッピーだと断定できます。

 

陸マイラーって何?ポイントをマイルに交換するってお得なの?

 

陸マイラーとは”おかまいらー”と読み、飛行機に乗らずにポイントサイトなどを利用して陸に居ながらにしてマイルを貯めて、そのマイルで旅行を楽しまれる方々のことを指します。

 

飛行機に乗ることによって貯められるマイルというのは微々たるもので、まとまったマイルを貯めようと思ったら何十万、何百万と飛行機代につぎ込まないと、なかなか貯まりません。

 

クレジットカードを利用することでマイルを貯める方法もありますが、こちらはそれこそ何千万円とお金を使わなければ、一回分の航空券をまかなうだけのマイルを貯めるのは難しくなっています。

 

しかし、ポイントサイトを利用すると、夢のようにマイルがぐんぐん貯まります。

お金をかけることなく、しかもものすごく効率的な高いレートでマイルが貯められ、驚くほどお得に価値が化けます。

 

それはまるで錬金術のようで、ポイントサイトのポイントをマイルに交換するおいしさを知った人は、もう決してポイントを現金や電子マネーに交換しようなんて思わなくなる、というくらいの桁外れのお得さなのです。

 

このページの趣旨はポイント交換の具体的な手順・方法の解説ですので、ポイントをマイルに替えることのお得さについてさらに詳しいことはこちらの記事をご覧ください。(ANAマイルについて書いていますが、JALマイルの性質も同じです。)

ソラチカルートとは?ANAマイルのお得な貯め方!ポイント価値10倍以上?! 

 

【モッピールート】スカイボーナスゲットで実質80%のレートでJALマイルを超絶貯められるドリームキャンペーンの詳細

 

POINT WALLET VISA PREPAIDを発行している人を対象に、モッピーでは本来3P=1JALマイルで交換のところ、キャンペーン期間中に限り2P=1JALマイルで交換しております。

POINT WALLET VISA PREPAIDとは?

 

これだけでは50%のレートであり、それほどお得というわけでもありませんが、キャンペーン期間中12,000Pを6,000JALマイルへと交換し、さらにその交換をした月に合計15,000P以上獲得すると、スカイボーナスと称して4,500Pがプレゼントされます。

 

ちょっとややこしいですが、4,500Pプレゼントされるということは、考えようによっては7,500Pで6,000マイル手に入るということになります。

7,500の80%が6,000ですので、これが”実質80%のレート”でJALマイルが貯められるという方法のからくりとなっています。

 

少々条件が厳し目ですが、JALマイルを80%のレートで貯められる方法というのはこのモッピーのドリームキャンペーンを利用したモッピールートと呼ばれるこのルート以外存在しません。

非常に貴重なチャンスなので、キャンペーン期間中は積極的に条件達成を狙ってみてくださいね!

 

特に重要な注意点は以下の3つです。

 

  1. 条件達成に必要な15,000Pに関しては、ポイント予定明細、及び確定明細に反映されたポイントが対象(予定反映なしの広告の場合は確定反映されれば対象)
  2. キャンペーン対象月以前に利用した広告が、キャンペーン対象月中に確定反映されても対象外
  3. スカイボーナスが受け取れるのは月に1回まで

 

さらに詳しいキャンペーン情報は公式サイトのキャンペーンページ(別窓で開く)をご覧ください。

 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

JALマイレージバンクに交換申請する手順

 

モッピーのポイント交換ページで「JALマイレージバンク」を選びます。

モッピー JALマイルへの交換方法1

秘密の質問と答えを入力すると、まずは本人認証を求められますので「キャリア」と「電話番号」を入力します。

モッピー 本人認証 電話番号認証 SMS認証

選べるのは「docomo」「au」「SofBank」「固定電話・その他」ですが、最も簡単なのは固定電話・その他を選ぶ方法です。

モッピー 本人認証 電話番号認証 SMS認証2

なぜなら上の画像のように指定される電話番号にかけるだけで完了するからです。

モッピー 本人認証 電話番号認証 SMS認証3

その他のキャリアを選択すると、電話番号宛にSMSが送られてきますので、本文に書かれた認証コードを入力して「送信する」を押します。

このSMS認証では、「SMSが届かない」というトラブルが多発します。

原因は、迷惑メールフィルター海外メール受信拒否設定などで、いちいち設定をいじったりしないといけないので、これにひっかかってメールが受信できないという場合は、すぐにSMS認証を諦めて上の電話番号認証の方法に切り替えたほうが時間がかからず良いと思います。

ただし一瞬通話料がかかります。

モッピー JALマイルへの交換方法2

本人認証が完了したら「キャッシュバック申請」を選択します。

モッピー JALマイルへの交換方法3

JALマイルへの交換は、1,000P〜12,000Pまで選択でき、スカイボーナスを受け取るなら12,000P一択となります。

 

交換ポイント数を12,000Pとしたら、あとは「JMB会員番号」「JMB会員名」「生年月日」を入力し、「入力内容の確認画面へ」を押して案内に従って申請を完了させます。

 

JMB会員番号とはJMB提携カードに記された9桁もしくは7桁の数字で、「JMBお得意様番号」とも呼ばれています。

14桁~16桁の番号(クレジットカード番号)とは違います

 

申請をすると4週間以内に交換が完了します。

 

あとは申請月に間違いなく15,000P以上ポイントを稼ぐことを忘れないでください。

 

【新ソラチカルート/LINEルート】LINEポイントへの近道がありANAマイルを貯めるのに2番目に便利なポイントサイト・モッピー

 

JALマイルを貯める方法が「モッピールート」ならば、ANAマイルを貯める方法が「新ソラチカルート/LINEルート」です。

 

ソラチカとは、東京メトロポイントをANAマイルへと交換できる機能を有した特別なクレジットカード「ANA To Me CARD PASMO JCB」の通称である「ソラチカカード」から取られており、このソラチカカードがソラチカルートの最大の鍵となっています。

 

特徴としてはモッピールートはモッピーからしか行えなかったのが、こちらの新ソラチカルート/LINEルートはどのポイントサイトからでも大抵行えます

ただし、モッピールートよりもはるかに迂遠で時間がかかる方法で、しかもポイントサイトによって基点となるラインポイントへの経路が違ってきます。

 

新ソラチカルート/LINEルートとは?

 

なぜ”新”ソラチカルートや”LINEルート”と呼ばれているかということを前置きに簡単にご説明しておきますと、そもそも始め「ソラチカルート」と呼ばれるルートが別にあったんです。

 

しかし、そのルートの基点となっていた重要な中継サイトのANAマイルへの経路が軒並み廃止されてしまい、そこで唯一残された別のルートを使うようになりました。

 

それが”新”ソラチカルートと呼ばれる所以で、その新ソラチカルートにおいては「LINEポイント」が重要な中継ポイントとして機能することから、”LINEルート”とも呼ばれております。

 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

モッピーからの新ソラチカルート/LINEルートの経路

 

モッピーのポイントをANAマイルに交換するためには、次のような経路を辿る必要があります。

 

  • モッピー→Gポイント→LINEポイント→東京メトロ→ANAマイル

 

もっと直接的に

 

  • モッピー→LINEポイント→東京メトロ→ANAマイル

 

と交換することもできるのですが、これだとモッピー・LINEポイント間で10%の手数料が余計に取られてしまうので、一手間かけてこの手数料を浮かせているのが上のほうがルートです。

 

新ソラチカルート/LINEルートを利用する上で用意しておくこと

 

モッピーで新ソラチカルート/LINEルートを使ってANAマイルを貯めるためには、用意するべき項目がこれだけあります。

 

  1. Gポイントのアカウント
  2. LINEのアカウント
  3. ソラチカカード

 

Gポイントのアカウントは下のリンクから簡単な無料会員登録だけですぐに作れます。

無料で簡単1分!Gポイントに会員登録しに行く

 

 

LINEのアカウントの新規登録手順に関しては、下の記事で詳しくご説明しております。

LINEの新規アカウント登録手順(図解)

 

ソラチカカードの発行は、現在(2018年6月)ハピタス経由で3,000円稼げます

ANAの公式サイトから直接発行するより絶対お得ですので、これを機会にぜひハピタスに登録してみてください。(ログイン後「ANA JCBカード」で検索)

無料で簡単1分!ハピタスに会員登録しに行く

 

 

この3つを用意できたら、あとは上で記した経路をひたすら辿るだけです。

さらに画像入りで詳しくモッピーからANAマイルまでのルートを解説した記事もありますので、必要な方は下のリンクからぜひ参照してください。

モッピーからの新ソラチカルート/LINEルートの詳しい説明(図解)

 

ソラチカ渋滞が起きた時の代替ルートまとめ

ソラチカ渋滞が起きた時の代替ルートまとめ

 

ソラチカ渋滞とは

「ソラチカ渋滞」とは、メトロポイントからANAマイルへ交換できる上限である2万ポイントを超えてしまうことを言います。

 

毎月2万ポイント以上稼げると、どうしてもソラチカ渋滞が起きてしまいます。

 

この場合、ソラチカルート以外の代替ルートとして無数のルートが考えられますが、以下におすすめのルートをまとめておきます。

 

下策:レート50%で交換するルート

ハピタスでは直接交換先に『nanacoギフト』『楽天スーパーポイント』や『Tポイント』があります。

これらは、ANAマイルへ50%のレートで交換することができます。

あまり良いレートではありませんが、非常に手軽な代替ルートです。

 

『モッピー』→『nanacoギフト』→『nanacoポイント』→『ANAマイル』

『モッピー』→『楽天スーパーポイント』→『ANAマイル』

『モッピー』→『Tポイント』→『ANAマイル』

 

中策:レート60%で交換するルート

モッピーの直接交換先に『PeX』があります。

そこから『ワールドプレゼント』へ交換し、ここから直接『ANAマイル』へと進路を取ることができます。

その場合のレートが60%になります。

ただしワールドプレゼントを扱うために三井住友VISAカードが必要となります。

おすすめは、比較的審査が厳しいことでも有名な三井住友カードの中で、特別審査が甘く、永年年会費無料の「エブリプラス」です。

リボ払い専用ということで審査が非常に甘いですが、日常的に利用しなければ損は一切ありません。

年会費永年無料のエブリプラス

 

『モッピー』→『PeX』→『ワールドプレゼント』→『ANAマイル』 

 

上策:レート70%で交換するルート

代替ルートで最も高レートなのが『JQみずほルート』と、『nimocaルート』です。

この2つのルートは70%での交換が可能ですが、それぞれ悩ましいネックが存在しますので、順にご説明します。

 

まず『JQみずほルート』は、2枚のクレジットカード発行が必要になります。

しかも2枚目のカード「みずほマイレージクラブカード/ANA」は、審査が厳しめで発行が人によっては難しくなってくるというデメリットがあります。

 

まずルートですが、経路は下の通りです。

 

『モッピー』→『PeX』→『ワールドプレゼント』→『Gポイント』→『JRキューポ』→『永久不滅ポイント』→『ANAマイル』

 

このルートでは、Gポイントから『JRキューポ』に交換する時と、『JRキューポ』から『永久不滅ポイント』へと繋いでいく時に、「JQ CARDセゾン」というクレジットカードが必要になってきます。

 

そして『永久不滅ポイント』から『ANAマイル』に交換する時に、「みずほマイレージクラブカード/ANA」が必要になるという具合です。

 

JQ CARDセゾンについては、モッピー経由で発行してもポイントバックがありますが、ゲットできるポイントが安めなので、おすすめは「もしもキャッシュバック」を使う方法です。

こちらだと4,615円(執筆時)貰えます。

JQ CARDセゾンをもしも経由で発行するページを別窓で開く

 

『みずほマイレージクラブカード/ANA』はポイントサイトで広告を扱っていません。

公式サイトでみずほマイレージクラブカード/ANAを発行する

 

続いて『nimocaルート』ですが、こちらはルートは非常にシンプルでオススメです。

でも、オススメはオススメでも、九州・函館在住者にしかオススメできません。

 

どういうことかと申しますと、まずはルートは以下の通りです。

 

『モッピー』→『PeX』→『nimoca』→『ANAマイル』

 

簡単ですね。

しかし最後、『nimoca』から『ANAマイル』へと交換するためには、福岡、大分、熊本、宮崎、函館地区に設置されているポイント交換機まで直接出向いて交換手続きをしないといけないという制限があるんです。(詳しい設置場所一覧はこちら)

 

ですので、九州や函館に住んでいらっしゃる方か、その地域に定期的に赴く予定のある方にしかお勧めはできません。

 

またnimocaポイントを扱うためには、「nimocaカード」というクレジットカードも必要となります。

このカードは記事執筆時は唯一ECナビにてポイント案件が出ていました。

ECナビ経由でnimocaカードを発行する

 

特殊:ソラチカカードを2枚以上作る

これは、パートナーがいらっしゃる方や、理解ある家族の方がいらっしゃる方に限られる方法ですが、家族カードではなく新たに別の名義でソラチカカードを複数枚発行するのも渋滞回避に素晴らしく効果的です。

2枚作れば、単純に交換上限を2倍にすることができ、莫大なマイルが貯められるようになります。

 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

ドットマネー経由で銀行振り込み手数料を無料にできる交換方法

 

モッピーでは銀行口座への振込で現金交換しようとすると、30円から147円の手数料がかかってしまいます。(手数料について詳しくは「モッピーのポイント交換先・交換に必要な日数一覧表(クリックでページ内ジャンプ)」のチャプターをご覧ください。)

 

そこで一手間かけて、一旦ドットマネーに交換してから、ドットマネーから現金交換すると、手数料を無料化することができます。

とても便利ですので覚えておいてください。

 

まずはドットマネーのアカウントが必要です。

ドットマネーの新規無料登録は下のリンクから簡単に行えます。

簡単無料!ドットマネーのアカウントを作る

 

ドットマネーのアカウントを作ったら続いてモッピーのポイント交換ページから「ドットマネー by Ameba」を選択します。 

モッピーからドットマネーへのポイント交換方法1

「申請ポイント数」は500〜10,000Pの間で入力し、「ドットマネーの口座番号」はドットマネー通帳ページで確認できます。

モッピーからドットマネーへのポイント交換方法2

ドットマネー口座番号

ドットマネーへの交換は、PC会員の方なら1週間程度、本会員(SP会員)の方ならリアルタイムで完了します。 

ドットマネー銀行口座振込

ドットマネーへの交換が完了したら、ドットマネーのサイトで「つかう」のタブを開き「銀行振り込み」を選んで、その後はご希望の銀行口座を選び、案内に従って申請を完了させてください。

 

これで手数料をかけずに現金化が可能となります。

 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

モッピーのポイント交換先・交換に必要な日数一覧表

 

◆PC会員でポイント交換の申請をした場合

 ポイント交換 手数料 日数
現金交換
ゆうちょ銀行 30円 7日以内
三井住友銀行 30円 5日以内
みずほ銀行 147円 5日以内
三菱UFJ銀行 147円 5日以内
楽天銀行 105円 5日以内
ジャパンネット銀行 54円 5日以内
その他銀行・信用金庫 147円 5日以内
ギフト券に交換
Amazonプライムギフトコード 無料 1週間程度
Gポイントギフト 無料 1週間程度
Google Play ギフトコード 無料 1週間程度
Amazonギフト券 無料 1週間程度
iTunesギフトコード 無料 1週間程度
JALマイレージバンク 無料 4週間以内
電子マネーに交換
Tポイント 無料 1週間前後
LINE ポイント 10% 5日以内
nanacoポイント 無料 1週間前後
WAONポイント 無料 1週間程度
WebMoney 無料 1週間程度
POINT WALLET VISA PREPAID 無料 8日以内
app money 無料 1週間程度
他社ポイントに交換
NetMile 無料 1週間前後
ドットマネー 無料 1週間程度
PeX 無料 1週間程度

 

◆本会員(SP会員)でポイント交換の申請をした場合

 ポイント交換 手数料 日数
現金交換
ゆうちょ銀行 30円 7日以内
三井住友銀行 30円 5日以内
みずほ銀行 147円 5日以内
三菱UFJ銀行 147円 5日以内
楽天銀行 105円 5日以内
ジャパンネット銀行 54円 5日以内
その他銀行・信用金庫 147円 5日以内
ギフト券に交換
Amazonプライムギフトコード 無料 リアルタイム
Gポイントギフト 無料 リアルタイム
Google Play ギフトコード 無料 リアルタイム
Amazonギフト券 無料 リアルタイム
iTunesギフトコード 無料 リアルタイム
Vプリカ 50~100円 リアルタイム
JALマイレージバンク 無料 4週間以内
電子マネーに交換
Tポイント 無料 3日以内
LINE ポイント 10% 5日以内
nanacoポイント 無料 3日以内
WAONポイント 無料 リアルタイム
楽天Edy 52円 リアルタイム
WebMoney 無料 リアルタイム
POINT WALLET VISA PREPAID 無料 2日以内
app money 無料 リアルタイム
他社ポイントに交換
NetMile 無料 2日以内
ドットマネー 無料 リアルタイム
PeX 無料 1~2日
bitFlyer 無料 リアルタイム
coincheck 無料 リアルタイム

 

本会員(SP会員)で申請した時に優遇される箇所は赤字で記してあります。

また「Vプリカ」「楽天Edy」「bitFlyer」「coincheck」が新たに交換先に追加されており、「bitFlyer」「coincheck」に関しては初回審査ありの交換先で1度でも交換を完了させると交換できるようになります。

 

初回審査について

 

モッピーでは、本会員「初回審査あり」と記載のあるポイント交換先では、初回交換時のみ1週間程度の審査期間があります。

これに通過すれば、次回以降すべての交換先で審査無しで交換ができるようになります。

 

PC会員とSP会員(本会員)について

 

モッピーには会員の分類が存在し、フリーメールアドレスなどパソコンのメールアドレスで会員登録を行った場合「PC会員」、キャリアメールアドレスで登録を行った場合「SP会員(本会員)」と分類されます。

 

キャリアメールを登録したSP会員(本会員)のほうが優遇があります。

詳しくはこちら→PC会員とSP会員(本会員)の違い

 

PC会員からSP会員になりたい場合や、SP会員からPC会員になりたい場合の具体的な手続きはこちらのページを参照してください。

PC会員とSP会員への変更手続き

 

無料で簡単1分!モッピーに会員登録しに行く

 

 

◆このページの内容に興味がある方にはこちらの記事もオススメ!!

図解!新ソラチカルートの交換手順を徹底解説